header_logo mail icon


  • 離島の良いものを集めた!アンテナショップ「離島百貨店」の名物がSharingLiveに出店

    離島の良いものを集めた!アンテナショップ「離島百貨店」の名物がSharingLiveに出店氏

    島国である日本には北海道・本州・四国・九州・沖縄の5島を「本土」と呼び、その他の島を「離島」と呼んでいます。日本の離島には人が住んでいる「有人島」と、人が住んでいない「無人島」があり、あわせて約6800の離島が存在します。そのうち人が住んでいる島は416島あり、島ごとに文化も変わっています。それぞれの島で文化は発展しており、特色のある食材などがたくさんあります。

    しかし、多くの離島は人口も少なく、観光施設や整っていない島がほとんどで、ホテルなどの宿泊施設もない離島がたくさんあります。また、交通インフラも整備されていないので、離島に行くための船が週に数本しか運行されていないなど、離島にたどり着くまでに数日掛かるケースもたくさんあります。

    離島百貨店(離島キッチン日本橋店)

    日本には魅力のある島があるのに、あまり離島の存在が知られていません。そんな離島の特産品を集めたアンテナショップが東京の日本橋にあります。

    離島専門のアンテナショップである「離島百貨店」は日本に418ある島をキーワードとして豊富な島の特産品から離島を実感できる空間です。島独自の料理や土産品と触れ合うことで「島に行きたくなる」体験を創造し、島への興味関心を引き立てるアンテナショップとなっています。

    離島百貨店には日本の離島食材が集まってきます。これまで取引をしてきた島は100島以上、生産者は450軒以上です。そんな離島の産品を厳選して販売したり、離島食材を利用した定食も提供しています。場所は東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅に直結する場所にあり、銀座や東京駅からも近くにあるので、ショッピングする際にちょこっと立ち寄ってみるのもおすすめです。

    寒シマメ漬け丼

    シマメとは、日本海で獲れた新鮮なスルメイカの事をいいます。これは島根県にある隠岐郡海士町(あまちょう)の特産品で、冬の一番美味しい時期に獲れるスルメイカを、「寒シマメ」と呼び、地元の人に親しまれています。その寒シマメを、肝と醤油で漬け込みどんぶりにしたものが「寒シマメ漬丼」です。鮮度の良いイカを使用しているからこそできる、深みある漬け丼として、地元民のみならず、隠岐を代表する土産物としても親しまれています。

    海外から訪れるお客様は刺身などの生魚が苦手という人も多いですが、このスルメイカはとても柔らかく、口に入れると溶けてしまう食感が癖になると人気になっています。特にビーガンやベジタリアンの人に好まれており、日本在住の外国人からも好まれているそうです。

    この「寒シマメ」のスルメイカだけでなく、ここだけでしか味わえない離島の食材が離島百貨店で味わえます。また、離島のお酒も扱っており、特徴のある日本酒や焼酎も楽しめるのもおすすめです。

    家島のおばちゃんが生み出した海苔の佃煮「のりっこ」

    兵庫県の離島家島は有数の海苔の生産地としても有名です。家島という名前はあまり知られていませんが、コンビニエンスストアで販売されている「おにぎり」などに家島の海苔が使われることが多く、コンビニのおにぎりが人気になるにつれて、家島は海苔の生産地として有名になりました。

    磯の風味が格別な上質な海苔を生み出し、海外からも人気のお寿司や巻き寿司にも家島産の海苔が使われており、高級海苔も製造されています。しかし、海苔は繊細なので、少しの欠けや縮みがある海苔は高級海苔として出荷ができなくなります。品質は他と遜色ないにも関わらずもったいないと思った島のおばちゃんたちが知恵を絞って3年かけて開発したのが海苔の佃煮「のりっこ」です。保存料無添加、無着色なので磯の香りが抜群です。

    熱々のご飯やバターを塗ったパンにも合います。またサラダのドレッシングの隠し味にも活用できるので、海苔の佃煮に馴染みのない人でも美味しく食べることができると思います。

    いえしまのおばちゃんたちが海苔をちぎるところから瓶詰めまで完全手づくりです。特に重要なポイントは海苔を焦がさないように交代で鍋に4時間つきっきりで炊き上げています。手間がかかっているおばちゃんたちが愛情をこめて作った逸品が「のりっこ」です。

    アンテナショップ「離島百貨店」の名物がSharingLiveに出店

    離島百貨店には小さな島々の魅力が詰まっており、多彩な商品を通じて島の文化を知ることができます。まだまだ知らない日本を体験できるアンテナショップになっているので、ぜひお立ち寄りください。

    SharingLive:https://sharing-live.jp/

  • 愛媛県大洲で「城下のあきんど」配信!

    愛媛県大洲で「城下のあきんど」配信!氏

    (一社)キタ・マネジメントとタイアップし、大洲市の特産品を地方創生特化型ライブコマースプラットフォーム「SharingLive」にてライブ配信を行います。
    配信予定日:1回目 2021年11月27日20時~、2回目 2021年11月28日20時~

    愛媛県大洲市(おおずし)について
    愛媛県大洲市は愛媛県南予地方に位置する市で、古くは市内を流れる肱川(ひじがわ)流域を中心に城下町として栄えた歴史を持ち、現在も「伊予の小京都」と呼ばれ、かつての城下町の風情を色濃く残しています。

    川の流れる上流域には酒造や寺社、中流域には名建築、下流域には大洲城と、川を中心としたエリアでは肘川流域の美しい自然が織りなす景観とともに、今なお息づく大洲の文化に触れることができます。

    今回の配信では、大洲市内の古民家から、地元ブランド木材の雑貨類や銘酒などの大洲市特産品を配信し、産品のPRにとどまらない、大洲市そのもののPRを行っていきます。

    出店事業者①株式会社LINKWOODDESIGN
    日本有数のヒノキの名産地である愛媛県産のヒノキを使用した雑貨類や家具の製造から内装までを手掛けています。
    今回は樹齢100年ひのきのお猪口やMUKU媛ひのき弁当箱年輪などをご紹介。
    モダンかつあたたかみのあるデザインに定評がある同社から、木工文化の新しいカタチを伝えます。

    公式HP:https://linkwooddesign.com

    出店事業者②酒乃さわだ
    大洲市が誇る銘酒「風の里」を中心に、愛媛県産酒米「松山三井」や肘川の伏流水を使用し地産地消の酒造りにこだわった養老酒造の清酒やインポートワインなどを取り扱う酒問屋です。
    今回は、養老酒造「純米大吟醸 鵜洲」と石鎚酒造「石鎚 バンキッシュ」等をご紹介。
    ぜひ、ひのきのお猪口と合わせてお楽しみください。
    公式HP:https://sakenosawada.com